気になる病気と健康改善について考える

糖尿病にはどんな種類がある?

糖尿病は、身近な病気で、今まで健康だった人でも発症する恐れのある生活習慣病ですが、ずーっと昔から、あった病気のようです。特に貴族に多く、それだけ、食に恵まれている人ほど起りやすいとわかります。

では、糖尿病の特徴と言われると、どういったイメージが浮かぶでしょうか?

糖尿病に縁の無い人達は、中高年、生活習慣が原因での肥満、発症しても中々気付きにくい、といった要素を挙げるそうです。ちなみに、このイメージは糖尿病に当て嵌まります。ただし、糖尿病と言っても、2型糖尿病に限られますよね。

2型糖尿病とは、生活習慣が原因で、膵臓から上手くインスリンが分泌されなくなって発症する糖尿病です。つまり、こちらが誰でも発症するリスクのある糖尿病。

しかし、一方では、生まれつき膵臓にそうした欠陥を抱えているが故の糖尿病もあります。それを、1型糖尿病です。同じ糖尿病とついていますが、特徴は2型糖尿病と大きく異なるそうです。

例えば、発症する年齢層。
2型だと中高年とありましたが、1型だと生まれつきの膵臓機能の欠陥が原因である関係上、小児から思春期の間に判明するケースが大半で、太っているどころか痩せている場合の方が多いそうです。

また、発症のしかたは急激で症状の進行も早いため、早期に治療に入らなければ命が危ないのだとか。

同じ糖尿病のカテゴリーに入るのに、まさかここまで1型と2型とで違うとは思いませんでした。糖尿病イコール怠惰な人がなる病気という認識は、間違いなんですね。