気になる病気と健康改善について考える

検索しても情報が中々見つけられない

最近、家族のところに「ジェネリックに切り替えませんか?」というような内容が書かれた封筒が届いたんですが、製薬会社なのに、まるでサプリメントでも販売しているような感じです。まあサプリメントを販売している製薬会社が沢山あると思うんですが、どこか、そうした会社とは一緒にならずに権威的な存在であって欲しいなと思うものです。

でもそれだけどこ製薬会社も資金集めに大変なのかもしれません。

今ではジェネリックという言葉が当たり前のように使われていますが、やっぱり継続して治療を行わなくちゃいけないと思うと、できるだけ治療費を安くしたいと思うものです。長引きば長引くほどそういう気持ちは強くなると思いますが、こういう時に、簡単に治療費を抑える方法としてジェネリックに切り替えるのは、妥当な手段だと思います。

今ではこうした日本の製薬会社を利用せずに、海外から直接ジェネリック医薬品を仕入れるという方法もあり私もそういうことに興味を持っているんで、これからは個人輸入を活用していくべきかななんて考えています。厚生労働省的には、国民全員がそういうことに気づいてしまうと、日本国内の薬が売れなくなってしまうので控えて欲しいと考えているようですが。

でもまだまだ知識不足なので、とりあえずそういう薬に関する情報を集めようと思い気になる薬のキーワードで検索してみるんですが、なんか変なんですよねぇ・・・。

「あれ?このサイトさっきもなかったかな?」

こう思うことが良くあるんですが、確かに、別の薬に関する情報がそれぞれのサイトに書かれているんですが、どちらも同じテンプレートできてるんです。全く同じ画像が使われていて薬に関する名前だけが違うという感じでしょうか。もちろん書かれている内容も違うんですが、あまり内容も書かれていないし、なんでこんなサイトが上位表示されているんだろうかなんて思うことがあります。

しかもそういう疑問を感じてから色々調べてみると、一つや二つじゃなくて、かなりの数あるような印象でした。しかもなぜかキーワードですぐに検索される位置にあるんです。

今は薬の個人輸入を手軽に利用する人が増えたこともあり需要が高まっていますが、その影響でそうした薬を紹介するサイトもかなり増えてるようです。でも中には、日本国内で販売は許されてない薬もあり、そういう薬に関する情報は、書店で購入出来る薬の辞典などには載っていないので直接ググって調べるようにしているんですが、そういう同じテンプレのサイトばかりが出てくるので、本当に信用出来る情報なのかどうかがわからずに困ってしまいます。

キーワード検索結果ですぐ表示される変なサイトが出てくるというのは昔から常にあったことで今に始まった事ではありませんが、なんかそれっぽいこと書いてるのに、実際は、ちゃんとした情報が書かれていなかったり、または、購入してみたという情報だけで中身が無かったり・・・。

こういうサイトが増えてしまうと、本当に情報を探している場合に苦労させられるので困ってしまいます。

でも、そういうサイトが何だか増えてきた感じがするので、最近では、あまりすぐに表示されたからと言ってそのサイトを見ないように心がけています。それよりもすごく長めのキーワードを入力した時に、しっかりと情報が書かれていそうなサイトを見た方が参考になる情報が沢山あるような気がしました。

そういう検索の仕方をしているのは私くらいかもしれませんが、やっぱり、ちゃんと書かれているところは、なるほどなと思うことが沢山あります。