気になる病気と健康改善について考える

青い光が目にダメージを与えるらしい

関節の次に気になるのは、目の健康です。
現代人は、パソコンを利用して情報をやりとりしていることも多く、仕事でも必要不可欠なものとなっています。他にも、テレビやLED電球など、省電力で高機能な製品が沢山できていることにより、目に与える影響も大きくなっていると言われています。

私も仕事やプライベートでパソコンを利用する機会も多く、それでいて、あまり目を休めることを意識せずに生活してきているので、年々、目の疲れや視力の衰えを感じています。

これらの電化製品が目に与えるダメージとして、青色光の問題があります。この青色光というのは、パソコンやテレビ、LED電球などからも出ている光で細胞に与えるダメージが大きいと言われています。

こうした青色光のダメージを防ぐ為には、ルテインという色素成分を意識して摂取すると、こうした光からのダメージを吸収してくれたり遮断してくれる働きが強化されるようです。ルテインは、網膜の中でも黄班という組織や水晶体に豊富に存在しています。これらが光の害を吸収してくれることで、物を見ることが出来ると同時に、目の健康を維持することが出来るようです。

現代に生きる人の中でも、特に先進国では目を必要以上に酷使してしまう為に、その後病気になり、失明に至るケースも増えています。なかでも、加齢黄斑変性症が多いようです。他にも、紫外線などにより白内障を発症するリスクもありますが、それもルテインが防いでくれるということでした。

にんじんに含まれるβカロテンなどは、体内に入るとビタミンAとして使用されるそうですが、ビタミンAには、網膜の健康に有効な働きや皮膚や粘膜を守る働きなどもあるということで、にんじんを食べる習慣というものを続けてきましたが、そこまで変化は感じませんでした。

その点、ルテインなら、それそのものが目の健康に良いという裏付けデータも色々とあるので、試してみる価値はあるのかなと思いました。今後の生活に取り入れていきたい成分の一つです。

目の病気について調べてみると、身近なもので簡単に治療できない症状の一つとして、飛蚊症というものがあります。これは、目の前に黒い点のようなものが見えるという症状で、その点が蚊が飛んでいるように見えるということでこのような名前が付いているようです。

目の中に硝子体というものがありますが、それが加齢によって、成分であるヒアルロン酸やコラーゲンが壊れてしまう事により、透明度を失ったコラーゲンの一部が目に見えるようになる症状のようです。

このようにコラーゲンが溶ける性質を失うということは、老化によって引き起こされるものかもしれません。白内障もコラーゲンの分子が大きくなりすぎて白くなるというもので、それも加齢によって酸化しやすくなることが関係していると言われています。

ルテインをはじめとする色素成分には、細胞守る上で必要不可欠な抗酸化作用が優れているものばかりなので、意識して摂取することで、こうした症状を改善することにも繋がっていくかもしれません。